同棲が長続きするコツは「プライバシーの尊重」

admin / 2018年3月4日

楽しいデートが終わればそれぞれの家に帰る・・・そんな別れ際の寂しさを解消してくれるのが同棲です。同棲は結婚生活の疑似体験のようなもので、最初のうちはいつでも一緒にいられて幸せ!と思いますよね。でも実際に一緒に住んでみると、デートだけでは分からなかった相手のイヤなところを発見したり、家事などでもめたりします。これらは、同棲を始める前に二人で話し合って自分たちのルールを決めておきましょう。そうすることで「こんなはずじゃなかった!」となるのを防ぐことができます。そして同棲したあとに大事になってくるのが、お互いのプライバシーを尊重すること。最初に感じた幸せをずっと保ち続けていくには必要不可欠なことです。

具体的にどうすればいいの?

まず重要になるのは二人で住む部屋の間取りです。たとえば1LDKならリビングと寝室を分けることができますが、一人になりたいというときにもう一部屋あった方が安心できます。3DK以上だと二人暮らしには部屋数が多くて掃除が大変だったり家賃も高くなってしまいます。一番理想的なのは2LDKです。ちなみに2DKはリビングがないのでDK部分の面積がせまいと1LDKと同じリビングと寝室のみになってしまうことがあるので注意しましょう。

そしてもう一つ大事なことが、相手の所有物を勝手にさわったり見たりしないことです。いくら好きな人でも知られたくないことや見られたくないものがあるので、プライバシーを侵害しないように気をつけましょう。とくにやりがちなことが相手の携帯をこっそりチェックすること。勝手に見られるといい気分はしないし、ケンカの原因にもなります。

お互いのプライバシーを尊重して、楽しい同棲生活を送りましょう。

不要になった書類はシュレッダーを利用して個人情報を確実に処分するようにしましょう。中にはCDに対応している物もあります。