寿命の長さで選ぶならLED照明を使おう!LEDは長寿命のものが多い!

admin / 2020年5月30日

電球が切れて困ったという経験をした人は多い

LEDが普及する前は、白熱電球や蛍光灯を自宅の照明として使っている人がほとんどでした。しかし、それらの白熱電球や蛍光灯は使用を続けていると、蛍光灯ならチラツキが増えてきたり、明るさが弱くなってきます。また、白熱電球の場合は突然電球が切れて、電気がつかなくなってしまうことも起こります。頻繁に電球を交換するのが面倒だと感じてしまった方も多いことでしょう。一般的な白熱電球の寿命は2000時間程度、蛍光灯は1万と数千時間ほどと言われるので、頻繁な交換は仕方がありません。それに対してLED電球の寿命は4万時間と言われています。非常に長い寿命となっているので、新しく取り替える頻度が少なくなり、頻繁に電球交換をするのが面倒な人にはオススメの照明です。

明るさ調整や色の調節が出来る照明も多い

蛍光灯の場合、明るさの段階調節が出来なかったり、出来たとしても調節できる段階が少なかったりします。しかし、最新のLEDを使ったシーリングライトなら、細かい明るさの段階調節が出来るものが多いです。段階は商品によって違いますが、10段階以上細かく調節可能なものがあるので、部屋の明るさを気分によって細かく調節したいという方に最適です。また、明るさ以外にはカラーもコントロール出来る商品があります。調色機能と呼ばれ、LED照明一つで温白色にしたり昼白色に変更できるのです。寿命が長いだけではなく、LED照明はこのような色や明るさのコントロール出来る商品が多いのも魅力となっています。部屋の雰囲気も照明で変えたいならLED照明を活用しましょう。

ledパネルとは、内側からLEDチップを使用して光らせているポスターパネルです。LEDなので紫外線の放出が少なく、周囲に迷惑を与える可能性が極めて低い点がメリットです。